栗悟飯とカメハメ波

秋葉系ニートブログ。

【Javaメモ】ifやwhileの制御構文からfor~switchについて。

こんちゃ、Roaでし。
今回は条件分岐、繰り返しについてメモっていきます。


【制御構造】
順次:文から文へ実行
分岐:条件によって異なる文を実行(ifが該当)
繰り返し:条件満たされるまでループ(whileが該当)


【制御構文の構成要素】
if文の場合

if(条件式) {
  ~~ブロック~~
}else{
  ~~ブロック~~
}

while文の場合

while(条件式) {
  ~~ブロック~~
}

後置判定while

do {
   ~~ブロック~~
}while(条件式);

注)if、while文の条件定義はtrueかfalseの2択で回答できるものに限る
注)後置判定は最低1回はブロックを実行する


【文字列の比較】
.equals

if (geek.equals("コミケ")) {.......

論理演算子:&&、||
否定演算子:!(~~~~)


【switch文で占いゲーム】

public class Main {
  public static void main(String[] args) {
    System.out.println(運勢を占います);
    int fortune=new java.util.Random().nextInt(5)+1:
    switch(fortune) {
      case 1:
      case 2:
        System.out.println("大吉");
        break;
      case 3:
        System.out.println("中吉");
        break;
      case 4:
      case 5:
        System.out.println("吉");
    }
  }
}


【for文】

public class Main {
  public static void main(String[] args) {
    for(int i=0; i<10; i++) {
     System.out.println("こんにちは");
    }
  }
}


【for文で九九を作る】

public class Main {
  public static void main(String[] args) {
    for(int i=1; i<10; i++) {
     for(int j=1; i<10; i++) {
      System.out.print(i * j);   //掛け算の結果
      System.out.print(" ");   //空白
     }
      System.out.println(" ");   //改行
    }
  }
}


【数当てゲームを作る】
正解でもミスが続いても5回繰り返した時点でゲーム強制終了

public class Main {
	public static void main(String[] args) {
		System.out.println("数当てゲーム");
		int ans=new java.util.Random().nextInt(10);
		for(int i=0; i<5; i++) {
		    System.out.println("0~9の数字を入力してください");
		    int num=new java.util.Scanner(System.in).nextInt();
		    if(ans==num) {
		        System.out.println("当たり");
		        break;
		    }else{
		        System.out.println("違います");
		    }
		}
		System.out.println("ゲームを終了します");
	}
}