栗悟飯とカメハメ波

秋葉系ニートブログ。

【Javaメモ】引数や戻り値、オーバーロードなどのメソッドに関する事について

【メソッドとは】
複数の文をまとめて1つの処理として名前を付けたもの
→部品の最小単位
mainメソッドがその他のメソッドに対して命令を飛ばしているイメージ

上から下へ動くわけではなく、mainメソッドから必ず先に動き始める


【シンプルなメソッド】

public class Main {
  public static void main(String[] args) {
    System.out.println("メソッドを呼び出します");
    hello();   //helloメソッド呼び出し
  }
  public static void hello() {   //メソッド名設定
    System.out.println("如月さん、こんにちは");
  }
}


【引数を利用する】
引数を指定していない(シンプルなメソッドの例)とただmainメソッドから一歩的に呼び出しているだけ
→引数を利用すればmain側から値を送れるようになる

public class Main {
  public static void main(String[] args) {
    add(100,20);
    add(200,50);
  }
  public static void add(int x,int y) {
    int ans=x+y;
    System.out.println(ans);
  }
}

渡す値:実引数、受け取る値:仮引数


【戻り値】
引数だけだとそのメソッドの全てがmain側に返されてしまう
→戻り値を指定して何を送るかより細かく設定する
→何も戻さない場合はvoidとする

public class Main {
  public static void main(String[] args) {
    int ans=add(100,10);
    System.out.println(ans);
  }
  public static int add(int x,int y) {   //int指定しているとこに注目
    int ans=x+y;
    return ans;
  }
}


オーバーロード
オーバーロード:同じ名前のメソッドを定義すること
仮引数が異なれば同じ名前のメソッドを複数指定することが許される
→double型やint型などの違い
個数違いでもオーバーロード可能


【引数に配列を用いる】

public class Main {
  public static void main(String args) {
    int[] array={1,2,3};
    printArray(array);   //配列渡す
  }
  public static void printArray(int[] array) {   //引数に配列型を指定
    for(int element : array) {
      System.out.println(element);
    }
  }
}